ソーシャルタイプの活用方法について

ソーシャルタイプの活用方法について

ミツカリの分析結果であるソーシャルタイプは、応募者や社員のコミュニケーションタイプを表しています。
自分や他者のタイプを知ることで、どのようなコミュニケーションを取れば良いタイプか理解し、円滑化コミュニケーションを取ることが可能になります。

本記事では、ソーシャルタイプを使った各タイプへの接し方をご紹介しています。

ソーシャルタイプの基本的な見方についてはソーシャルタイプの解説ご覧ください


ソーシャルタイプとは

ソーシャルタイプとは、「感情」と「自己主張」の強弱で「人が習慣的に取る行動傾向」を4つのタイプに分類したものです。
※1968年にデビッドメリル氏が提唱したコミュニケーション理論で、一般的にはソーシャルスタイルと呼ばれる



ソーシャルタイプの活用方法 自分がドライバータイプの場合

ドライバーは決断力に優れ、意思決定が早いタイプです。人から細かく指示されることを嫌い、自身でコントロールできることを好みます。

ドライバーから他のタイプの方へ接する場合、下記の各タイプ欄に記載された内容を意識すると円滑にコミュニケーションが取れます。



ソーシャルタイプの活用方法 自分がエクスプレッシブタイプの場合

エクスプレッシブは、新しいことに挑戦するのが得意で注目されることが好きなタイプです。アイディア豊富ではありますが、細かく計画を立てるようなことは苦手です。


エクスプレッシブから他のタイプの方へ接する場合、下記の各タイプ欄に記載された内容を意識すると円滑にコミュニケーションが取れます。



ソーシャルタイプの活用方法 自分がアナリティカルの場合

アナリティカルは常に冷静で、データ収集や分析が得意で何事も論理的に考えるタイプです。計画を立ててから行動することを好むので、思いつきな行動を嫌います。


アナリティカルから他のタイプの方へ接する場合、下記の各タイプ欄に記載された内容を意識すると円滑にコミュニケーションが取れます。



ソーシャルタイプの活用方法 自分がエミアブルの場合

エミアブルは人を援助することを好み、和を重んじるタイプです。人の期待に応えようとする一方で、物事を頼まれると断れないという傾向があります。


エミアブルから他のタイプの方へ接する場合、下記の各タイプ欄に記載された内容を意識すると円滑にコミュニケーションが取れます。



ソーシャルタイプの注意点 対角線上のタイプは苦手意識を持ちやすい

ソーシャルタイプでは、特に対角線にあるタイプ同士が苦手意識を持ちやすいと言われています。

対角線上のタイプと接する際は特徴を理解し、「相手に合わせたコミュニケーション」を意識することが重要です。





参考情報

ソーシャルタイプについて、ミツカリブログでもご紹介しております。

各タイプの特徴、相性についてまとめていますので、ぜひご覧ください。

    • Related Articles

    • ソーシャルタイプの解説

      ※エンタープライズプランの場合は、各分析結果で社員と社員(組織)の相性が診断が可能です。 ソーシャルタイプは、感情表現(感情を表に出すタイプか、出さないタイプか)と自己主張(自身の意見を主張するタイプか、人の意見を聞く方か)の強弱で人が習慣的に取る行動を4つのタイプに分類したものです。 自身や他者のタイプを知り、どのようなコミュニケーションを取れば良いタイプかを理解して円滑なコミュニケーションを取ることができます。 ・ソーシャルタイプの見方 ...