人材タイプ分析について

人材タイプ分析について

ミツカリ分析結果の人材タイプは「既存手法を実行する(定型業務)/新しい価値を想像する(非定型業務)」「組織の成果を重視する/個人の成果を重視する」のどちらを好み、重視するかによって個人の仕事の向き不向きを4つのタイプに分類したものです。

このタイプだから必ずその仕事ができる、逆にこのタイプだがらこの仕事が向いていないというものではないですが、性格や持っている価値観から相手を理解する一つのツールです。



人材タイプの重み付け

人材タイプにあるX軸「既存手法を実行する/新しい価値を想像する」とY軸「組織の成果を重視する/個人の成果を重視する」の数値は、ミツカリ適性検査の項目の一部を重み付けして計算をしています。

組織心理学の論文に基づいて抽出・作成した質問と、ミツカリの回答から作った合成軸の相関を計算し、どちらも0.7以上になる適性検査の項目と重み付けを採用しています。



アドミニストレーターについて



アドミニストレータータイプは
日常業務を遂行、組織を牽引する点に強みがあるタイプ。
専門的な知識を掘り下げたりすることは苦手意識があることも。




エキスパートタイプについて




エキスパートタイプは
基幹業務や日常業務に特化することが得意。
業務全体を俯瞰し、新しいことを生み出すのは苦手。




イノベータータイプについて



イノベータータイプは
新たなアイディアを創出し、組織を牽引することが得意。
枠にはまったやり方を強要されるのが苦手なことも。




スペシャリストタイプについて



スペシャリストタイプは
専門的な知識を応用して新たなアイディアを創出することが得意。
集団で決められている仕事をするのが苦手。