株式会社ミツカリ

詳細データの活用方法について

ミツカリの分析結果である詳細データは、応募者や社員の価値観の確認、マッチ・ミスマッチしている価値観に関して確認がいただけます。
その他にも採用要件定義での活用や、コミュニケーションの改善にも活用ができます。

本記事では詳細データの活用方法詳細データの各項目の解説をご紹介しています。

詳細データの基本的な見方については詳細データの解説をご覧ください。



<詳細データの活用方法① 採用要件定義への活用>

詳細データで傾向を見たい社員・部署を表示し、左右に振れている特徴的な価値観に注目します。
特徴が出ている項目の中でも、自社にとって大事な価値観を決めることで、採用の際の要件定義に活用が可能です。
傾向を見る際は、会社全体や部署の傾向の他、ハイパフォーマーなどでグルーピングを行って要件定義に活用することもできます。




<詳細データの活用方法② 応募者の動機付け、内定者フォローへの活用>

詳細データで応募者の価値観の傾向を確認し、価値観の特徴に合わせて動機付けのメッセージを変更して個別化します。
選考辞退の防止や内定者フォローへ活用ができます。

例)



価値観ごとにどのような動機付けが有効なのか、別途資料もご用意しております。
ご興味のあるお客様は、右下のチャットもしくはinfo@mitsucari.comまでご連絡ください。

※資料サンプル




<詳細データの活用方法③ マネジメント、コミュニケーション活用>

詳細データで社員の価値観の傾向を確認し、価値観の特徴に合わせて適したコミュニケーションに活用ができます。
上司へ自身の価値観の傾向と部下の価値観の傾向を伝えることで、価値観の違いとどのようなコミュニケーションを取った方が良いのかデータから判断が可能です。

例)


価値観ごとにどのようなコミュニケーションが有効なのか、別途資料もご用意しております。
ご興味のあるお客様は、右下のチャットもしくはinfo@mitsucari.comまでご連絡ください。

※資料サンプル




<詳細データ 各項目の解説>

・ミツカリの軸(パーソナリティ)
個人の基本的な価値観。小学校低学年程度までに形成され、それ以降は変化しない。
ビッグファイブなど実績のある心理分析がベース。

・ミツカリの軸(キャリアタイプ)
具体的な退職やトラブルにつながりやすい仕事観。
ほとんど変化しないが、昇格や大きなライフイベントがきっかけで稀に変化する可能性がある。

・一般的な適性検査の軸①


・一般的な適性検査の軸②

・ミツカリの軸 解説



・一般的な適性検査の軸 解説


    • Related Articles

    • 詳細データの解説

      ※エンタープライズプランの場合は、各分析結果で社員と社員(組織)の相性が診断が可能です。 詳細データは、応募者と社員の価値観をグラフ化し、それぞれの価値観の特徴や価値観がマッチしている部分、ミスマッチしている部分を確認できます。 価値観の傾向の詳細については詳細データの活用方法についてにてご紹介しておりますので、ご覧ください。 ・詳細データについて  緑のバーが分析結果をみたい応募者を表し、青のバーが比較したい人・グループで選択した人材や組織を表している ...