詳細データの解説

詳細データの解説

※エンタープライズプランの場合は、各分析結果で社員と社員(組織)の相性が診断が可能です。

詳細データは、応募者と社員の価値観をグラフ化し、それぞれの価値観の特徴や価値観がマッチしている部分、ミスマッチしている部分を確認できます。
価値観の傾向の詳細については詳細データの活用方法についてにてご紹介しておりますので、ご覧ください。

詳細データについて
 緑のバーが分析結果をみたい応募者を表し、青のバーが比較したい人・グループで選択した人材や組織を表している

 「ミツカリの軸は」ミツカリを受検した結果がグラフ化され、「一般的な適性検査での軸」はミツカリの結果を一般的な適性検査に置き換えた際に、どのような結果がでるのか参考情報を表示している


詳細データの見方
 ①強く傾向がでている
  応募者や社員を表したバーが左右2軸に偏っている項目は、強い傾向がでている価値観を表している

 ②あまり傾向がでていない
  応募者や社員を表したバーが中央の3つに表示がある項目は中庸な価値観を表しており、グループの場合は多様な価値観を持つ人材が存在することを示している

 ③価値観が合致している
  応募者や社員を表したバーが同じ位置にある場合は、価値観の傾向が似ておりマッチしていると言える

 ④価値観に差がある
  応募者や社員を表したバーの開きに差がある場合は、価値観の傾向が乖離しておりミスマッチしていると言える  

    • Related Articles

    • 【エンタープライズプラン】社員と社員(個人・組織)の相性をみる

      社員と社員(個人・組織)の相性を見る場合、分析マッチ結果から相性を確認できます。 社員同士の相性や、組織にどれくらいマッチしているのか、組織風土がどのような価値観なのか確認することができます。 結果を見る場合、 ①画面上部の「比較・分析」をクリック ②左の「分析結果を見たい人、グループ」と「比較したい人・グループ」に社員・組織を選択  →それぞれのボックスに対象を選択すると、分析結果が表示されます 各分析結果の解説は下記をご覧ください  面接用シートの解説  詳細データの解説 ...
    • 【ベーシックプラン】応募者と社員(個人・組織)の相性をみる

      応募者と社員(個人・組織)の相性を見る場合、分析マッチ結果から相性を確認できます。 応募者や自社の社員や組織にどれくらいマッチしているのかを確認することができます。 相性を見る場合、 ①画面上部の「比較・分析」をクリック ②左の「分析結果をみたい応募者」に応募者のデータ、右の「比較したい人・グループ」に社員を選択  →それぞれのボックスに対象者を選択すると、分析結果が表示されます 各分析結果の解説は下記をご覧ください  面接用シートの解説  詳細データの解説  ソーシャルタイプの解説 ...
    • 詳細データの活用方法について

      ミツカリの分析結果である詳細データは、応募者や社員の価値観の確認、マッチ・ミスマッチしている価値観に関して確認がいただけます。 その他にも採用要件定義での活用や、コミュニケーションの改善にも活用ができます。 本記事では詳細データの活用方法と詳細データの各項目の解説をご紹介しています。 詳細データの基本的な見方については詳細データの解説をご覧ください。 <詳細データの活用方法① 採用要件定義への活用> 詳細データで傾向を見たい社員・部署を表示し、左右に振れている特徴的な価値観に注目します。 ...