相性だけがすべてではないと思うのですが

相性だけがすべてではないと思うのですが

ミツカリも「相性が悪い」ことが必ずしも悪いとは考えておりません。相性が悪くとも、従業員同士で相互理解が進んでいれば、円滑なコミュニケーションを実現できるためです。
ミツカリが悪としているのは「ミスマッチ」であり、ミスマッチしている状態から「アンマッチ」している状態に変化していないことが問題だと考えています。

ミスマッチとアンマッチの最大の違いとは、双方の条件やニーズについて、ズレやギャップなどの不一致が生じているという「事実」が明確になっているかの差です。不一致の「度合い」や「原因」が明らかになっているかも含まれます。
ミスマッチでは不一致が起きている事実に気が付いていないので、妥協のための話し合いが行われず、どちらかまたは双方が不満を抱えてしまいます。
アンマッチであれば不一致が起きている事実に気が付いていて、不一致の度合いや原因も分かっているので、どちらかまたは双方が妥協することでマッチできる可能性があります。

実態と理想にアンマッチが生じた際に共有し合うことができない原因は、企業も人材も「相手はこう考えているだろう」と決めつけたり「こんなことを言ったら辞退される(採用されない)かもしれない」と思い込んだりしてしまうためです。人はみな性格や価値観が異なるため、事実に対する捉え方も異なります。人材のミスマッチを防止するためには、多様な人材の多様な価値観があることを意識して、アンマッチの存在に気付き、相手と共有することが必要です。