他の適性検査と何が違うのですか?

他の適性検査と何が違うのですか?

ミツカリは、求職者の人物像を明らかにするだけでなく、人と組織の相性を可視化するサービスです。また応募者と会社全体との相性だけでなく、配属先の部署や上司、活躍者(ハイパフォーマー)や退職者などの任意のグループとの比較が行なえます。


上司から重要な仕事を任されたとしても「期待されている」と捉える人もいれば「面倒くさいことを押し付けられた」と捉える人もいます。物事の捉え方の違いは、性格や価値観の違いによって生まれるため、適性検査で性格や価値観を可視化しAI(人工知能)によって相性を自動で分析することで、人と組織のミスマッチを防げるミツカリを開発しました。


ミツカリは、特に早期離職率改善に効果があるサービスです。面接前にミスマッチしている価値観を可視化し、採用面接の場で聞かなければならない質問などを提示します。相性が悪いから不採用とするのではなく、相性が悪くてもお互いが妥協できるか、応募者と組織の相互理解にミツカリを用いた採用面接を実施することで、多くの企業が離職率を半減させています。

ミツカリは採用面接だけでの活用に留まりません。自社の社風や活躍者・早期退職者の特徴を可視化し、部署ごとに異なる特徴を具体化した採用要件定義、応募者に社風を客観的に説明する母集団形成、内定者ごとに異なる不安を解消するリクルーター選定による内定者フォロー、相性の良い上司や配属先を選定する活躍しやすい配属、選考辞退・内定辞退者の特徴を可視化した採用戦略の見直しなどにご活用できます。

上司と部下が面談を行う1on1ミーティングでは、部下の現状や悩みに寄り添うことが大切です。日々変化する業務の悩みなどは、定期的な面談を実施し、適切なアドバイスを行うことが求められます。
そもそも業務の悩みを引き出すコミュニケーション方法は、一度理解すればずっと使えるものです。なぜなら、コミュニケーションは生涯変化しづらい性格や価値観の相性によって影響を受けているからです。
ミツカリは性格適性検査の結果を用いているため、普段接する機会の少ない相手だけでなく、初対面の相手に対しても適したコミュニケーション方法が分かります。配属・異動時の活用はもちろんのこと、マネジメ ント経験の少ない新任管理職の方であっても相手に適したコミュニケーションを実現できます。