ダイバーシティと矛盾しているように感じるのですが

ダイバーシティと矛盾しているように感じるのですが

「同じような人ばかり採ってはいけない」「金太郎飴のような組織になってはいけない」など、近年、組織内の多様性が叫ばれています。マッチ度が高い人を採用すると、多様性が失われるのではないか?という疑問も多くミツカリに寄せられています。

組織の多様性において大切なのは「とにかくタイプの違う人を採用すれば良いわけではない」ことです。誤った多様性は労働生産性を低下させると40年以上の実証研究で明らかになっています。
社会貢献を重視する組織に自分の利益だけを考える人が入ってしまえば、価値観や仕事の進め方の違いからミスマッチが生まれ、職場内トラブルを引き起こす原因ともなります。組織で共有されている重要な価値観を見極め、多様性を持たせても問題のない価値観で組織内の多様化を実現することが大切です。

価値観に多様性をもたせる場合には、新入社員との相互理解に努めることも大切です。
相互理解の機会がなかった場合、入社後のミスマッチが発生する可能性が高くなります。ミツカリでは、多様性をもたせたい価値観や程度が客観的に可視化されるため、新入社員との相互理解のツールとしてもご活用いただけます。