なぜ早期離職が防止できるのですか?

なぜ早期離職が防止できるのですか?

早期離職の理由として最も多く挙げられる「人間関係が合わない」「社風に馴染めない」といった課題を解決できるサービスであるからです。

研修や待遇改善によって離職を防ごうとしても、社風とのミスマッチを解消しない限り、根本的な解決には至りません。


早期離職の理由の参考グラフ


出典:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10 - リクナビネクスト


早期離職を防止するためには、良好な人間関係が必要不可欠です。

3年以上在籍したい企業の条件の参考グラフ

出典:2019年春入社の新入社員へ緊急アンケート - @人事

面接前にミスマッチしている価値観を可視化し、採用面接の場で聞かなければならない質問などを提示します。相性が悪いから不採用とするのではなく、相性が悪くてもお互いが妥協できるか、応募者と組織の相互理解にミツカリを用いた採用面接を実施することで、多くの企業が離職率を半減させています。

ミツカリは採用面接だけでの活用に留まりません。自社の社風や活躍者・早期退職者の特徴を可視化し、部署ごとに異なる特徴を具体化した採用要件定義、応募者に社風を客観的に説明する母集団形成、内定者ごとに異なる不安を解消するリクルーター選定による内定者フォロー、相性の良い上司や配属先を選定する活躍しやすい配属、選考辞退・内定辞退者の特徴を可視化した採用戦略の見直しなどにご活用できます。